物語

 

【※恐怖】深夜のタクシーの話、自宅付近で下車の瞬間、運転手が引き止める理由に背筋が凍った…

 

皆さん、忙しい日に夜遅くまでお仕事したり、

友人との飲み会で遅くなることが増えているかと思います。

今回紹介する女性も皆さんと同様に仕事によって夜遅くまで頑張った女性です。

 

その女性が体験した恐怖体験はとても身近で私たちにも起こりうることですので参考にしてみてください!

 

始まりは、深夜タクシーで帰宅した時のことです。

そんなある日・・・

始まりは深夜のタクシーでした


A子さんの恐怖体験

このお話は、よくある怪談話とかではなく、ほんとにあった恐怖体験です。

ある日、A子さんは夜遅くまで仕事をしていました。

やっとのことで業務が完了したのが終電が行ってしまった時刻でした。

毎回夜遅くまで仕事をしているのでなれもあったかと思います。

いつものようにタクシーで帰宅。

いつものように、自宅近くのマンションのエントランス前近くの角にタクシーを停車してもらい

支払いを済ませます。

A子さん「やっと帰って眠ることができる・・・」

そうおもって、タクシーを降りようとした瞬間

タクシー運転手「今は降りてはダメです!」

 

と言ってA子さんを引き止めます。

一体どういうことでしょう?

 

とA子さんが外を見ると・・・

そこに思わず心臓が凍り付くような光景があったのです!

次のページへ続きます

                 

スポンサードリンク

おすすめコンテンツ

PAGE TOP