ライフハック

   

【※あなたはどう思いますか?】ある日、娘がいきなりの不登校宣言。→それに対する、母の対応に共感の嵐!!

いきなりの不登校宣言

皆さんはもしも、ある日突然子供が

「学校へ行かない」

と言ったらどうしますか?

このお話しは、3人の娘さんを育てるシングルマザーのシンガーとして活動中の順田ひろみさんのお話しです。

ある日の事。
末っ子の娘さんが言いました。

「お母さん、私、学校へ行かず、家で、自分のペースで勉強していきたい。」

突然、不登校宣言をしたのです。

自分の子どもが「学校へ行かない」と言ったら…?
親として、どんな対応をしたら良いのでしょう?

きっと、通常であれば母親として

「何言ってるの?」
「何か学校であったの?」

と心配になってしまう事でしょう。

しかし、順田さんの娘さんへの対応についての「教育への考え方」が、多くの人から賞賛されています。

では、順田さんが娘さんへ行った対応はどんなものだったのか。

順田ひろみさんはご自身のブログでこう述べています。

小学校の今年度最後の
懇談会に出席した。

親たちが席につくと、
我が子からのメッセージが
それぞれに置かれていた。

4年生の三女。

丁度、一ヶ月位前だったかな。
お母さん、私、学校へ行かず、
家で、自分のペースで勉強していきたい。

突然の不登校宣言だった。(笑)

学校の授業は、算数とか、
せっかく集中し始めたところで、
チャイムが鳴って、
やめなくちゃいけなくて、
それが嫌なんだと。

なるほど、
彼女の言うことも
分かるなぁと思った。

じゃ、あなたが思うようにしてみたら?
ということで、

彼女は、学校へは行かず、
自宅で学び始めた。

早朝から自分で起きて、
計画を立て、意欲的だった。

分からないところは、自分で、
インターネットの授業を受けたり、
私に聞いてきたりして、
確かに彼女の勉強は進んだ。

何の為に、学ぶのか?

学校は、何の為に行くのか?

誰の為に学校へ行くのか?

将来、どんな方向に進みたいのか?

どう生きたいのか?

そんな事を語り合う日もあった。

三姉妹の末っ子の彼女と、
2人っきりでこんなに話せる機会は、
そうあるものでもない。

ゆっくり時間をかけて、
私達は、話し合った。

いつの間にか、
いろいろ考えるように
なったんだなぁ。と感心したりもした。
まだまだ、幼いことは勿論だけど。

きっと、この子にとって、
物凄く大切な時なんだろう。
色んなことに疑問を持ったり、
立ち止まったりすることは、
悪いことではない。

むしろ、彼女が、自分で考え、
成長する素晴らしいチャンスでもあるのだ。
私は、三女のプロセスを見守ることにした。

担任の先生にも、
事情を話しご理解をお願いした。
有り難いことに、先生も、
彼女のプロセスを信頼し、
任せて下さった。

彼女の一日は、
意欲的に勉強したり、
ピアノを弾いたり、
歌を歌ったり。

そう、彼女は今
クィーンにハマっていて、
英語のオリジナル曲を
何曲も耳で覚え完璧に歌えるのだ。
クィーンなのだ。(笑)

お洗濯や、お掃除、お料理もする。
彼女の生活は、とても充実していた。

彼女は、私が4年生の時より、
ずっとずっとテキパキと、
いろんな事ができる人だ。

時々は、一人、宙を眺め、
考えに耽っていることもあった。
退屈そうな日もあった。
そんな時間も、大切だったと思う。

なんと、順田さんは、娘さんに
「思うようにしてみたら?」
と、彼女の自主性を尊重しました。

学校の先生にも事情を話して、娘さんの考えをきちんと理解してもらいました。

そして、あることをきっかけにして、娘さんは再び決断をします。

次のページへ続きます